収益物件で不動産投資の成功を目指そう|失敗しないためのポイント

成功に欠かせないポイント

外観

修繕積立金には注意しよう

マンション投資を始める方が増加しています。家賃収入を得られるマンション投資は、老後資金を作るための適した投資方法です。自分の老後は自分で守る必要があるため、多くの方がマンション投資をされています。安定した家賃収入を得られるマンション投資ですが、さらに3つのことに注意をすることで成功に導くことができます。1つ目の注意点が、管理費と修繕積立金です。マンション投資において、管理費と修繕積立金は必要経費です。しかし、管理費と修繕積立金が値上がりするリスクを考慮している方は、あまり多くはありません。特に修繕積立金が不足するマンションが多く、将来の値上がりを事前に考慮しておく必要があります。国土交通省は修繕積立金のガイドラインを発表しており、参考にしながら資金計画を立てるようにしましょう。

立地と管理会社を厳選

マンション投資における2つ目の注意点が立地です。マンション投資では、1に立地、2に立地、3に立地だということを十分に理解しましょう。特に近年の日本では、都心回帰の流れが強まっています。最寄り駅から遠い立地や利便性の悪い立地だと、マンション投資で失敗するリスクを自ら高めてしまいます。最寄り駅から徒歩10分以内を大前提に立地を厳選し、高い入居率を維持できるマンション投資を行いましょう。3つ目の注意点が、管理会社を厳選することです。管理会社によって入居率が異なる結果となるほか、修繕工事内容も異なります。安定した家賃収入を長期的に維持するためには、入居率が高く適切な修繕工事を提案する管理会社と管理契約を結ぶ必要があります。管理会社を厳選することで、安定が特徴のマンション投資をさらに安定化させられます。